カテゴリ:洋画・邦画( 49 )

映画ってほんっとに・・・

c0042941_18552241.jpg三谷作品はなんとな~く思い込みで避けてたジャンルなのだけど、見ると結構おもしろいんだよね~!!!
遊び心満点。くすくす笑いが止まらなかったよw(^。^)

マフィアのボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)に手を出してしまった男(妻夫木聡)。命との交換条件は伝説のヒットマン「デラ富樫」をボスの前に連れてくること。
男は売れない俳優(佐藤浩市)をデラ富樫に仕立て上げて難を逃れようとするが。

撮影だと思い込んでる俳優と彼を殺し屋だと思ってるマフィア側とのやりとりが、長いコントを見てるようでおもしろい。アンジャッシュのコントで実際そういう思い込みによる会話のすれ違いネタよくあるよね。
撮影の裏側みたいなのも垣間見れて二重三重に楽しめる作品だった。

『ザ・マジックアワー』ってマジシャンの話かと思ってたけど、夕暮れの完全に陽が落ちる手前のほんの一瞬の時間のことらしい。
[PR]

by nora426 | 2009-01-18 18:55 | 洋画・邦画

号泣、号泣(T_T)

c0042941_16105944.jpg『フラガール』 
監督 李相日
出演 松雪泰子、豊川悦司、蒼井優 他

閉山が迫る炭鉱の町で、替わる事業としてハワイアンリゾートの建設が計画される。反対する住民も多い中、女性達はダンサーという職業に自分達の居場所を求める。

それほど新しい映画でもないので、すでに大体のあらすじはわかってたけれど、それでもしっかりと泣かされてしまった。マジ号泣でした。映画館じゃなくて良かった~(^_^;)
どシロウトが集まってがんばって成功する・・・やっぱ、こういうのってツボです。なんといっても実話だしね~。

『常磐ハワイアンセンター』って名前だけは聞いたことがあるけれど、今でもあるんだね~。北海道の第三セクなんて全部あっというまに見事に潰れちゃってるのに、たいしたもんだ~。

なんだか無性にフラが踊りたくなっちゃったよ(^_^;)
[PR]

by nora426 | 2009-01-18 16:10 | 洋画・邦画

『うた魂♪』

c0042941_3192368.jpg『うた魂♪』
歌ってる顔が変って言われて合唱部を辞めかけてた子が、ヤンキー高校生達のソウルフルな合唱で思いを新たにやり直す話。

ゴリが高校生とかありえないんだけど、けっこう感動したしおもしろかった。
所さんの『笑ってこらえて』好きな人はきっと好きだと思うな。私あの合唱コンクールの密着取材泣いちゃったもの。男子新体操とか何かに打ち込んでる若者見ると毎回やられちゃうんだよね。ベタだけども(^_^;)

監督は『タナカヒロシのすべて』の田中誠。あれは鳥肌実のキャラ勝ちなところもあって好き嫌いは分かれるだろうけど、ほのぼのしてて私はけっこう好きだったな。あの映画よりはこっちの方が万人受けすると思います。見て損はなし☆
[PR]

by nora426 | 2009-01-18 04:05 | 洋画・邦画

今週の映画

c0042941_3541962.jpg
『リアル鬼ごっこ』

原作ナナメ読みしてあんまり面白かった記憶がないのに、なぜか映画を観てしまった。
時間返せってほどひどくはないけど、おすすめするまでのこともなく。

私の悪夢の方がよっぽど緊迫感あるわ~。訳もわからず追いかけられる夢は頻繁に見るから。(あとよく見るのはトイレにたどり着けない夢と、スカートなど服の一部を着忘れて出かける夢。誰か夢判断を^^;)


c0042941_3542465.jpg
『真夜中の弥次さん喜多さん』
これはおもしろかったな~!
古田新太、阿部サダヲ、寺島進、生瀬勝久・・・etc 脇役好きにはたまらない出演者の面々。原作者のしりあがり寿に、なぜか楳図かずおまで出てるし。
魂の役が荒川良々。何十何百人の荒川良々。おもしろすぎ。

ヤク中の喜多さん(中村七之助)と恋人の弥次さん(長瀬智也)のロードムービー。男同士の濃厚なKISSシーンとかジャニーズ的にOKなんでしょか?
ミュージカル風だったりはちゃめちゃなんだけど、意外にストーリーが作りこまれてて、どんでん返しにニヤリとさせられたり、おもしろい映画でした。

最近邦画ばっかりだな~。
見るのラクなんだもん(^_^;)
[PR]

by nora426 | 2009-01-18 03:56 | 洋画・邦画

映画三昧

思いっきり重くて暗いテーマの映画を2本と、おバカで平和なコメディを2本観た。
あまりにも真逆すぎて頭の中が飽和状態(@_@;) ぷしゅう~
相変わらずボキャブラリーが少なく浅い感想しか書けないので、詳しいあらすじはウィキやアマゾンで見てくださいね(^_^;)

c0042941_18859.jpg


『闇の子供達』
さっきから一時間ほど書いては消し、書いては消ししてるのだけれど、全くまとめようがない。
梁石日の原作はフィクションではあるけれど、人身売買など現実に起こっていることなので、考えれば考えるほど本当に「闇の中」に引き込まれるような感覚に陥る。
原作には無いラストは衝撃だった。

こういうシリアスなテーマに人気俳優さん達を起用したのはすごいと思う。引き受けた俳優さんたちにも拍手。
がっかりしたのはエンディングの歌。桑田佳祐は嫌いではないけど、作品に全く合わないと感じたな~。

c0042941_182871.jpg


『ゆれる』
東京でカメラマンとして働く自由奔放な弟(オダギリジョー)と、田舎で実家のガソリンスタンドを継いだ生真面目な兄(香川照之)。
兄を慕いながらも、こんな風には生きたくないって見下した気持ちもあったり、そういう家族ゆえの愛憎ってのが、すごく繊細に絶妙に描かれている。
裁判でも兄を信じる気持ちと疑う気持ちが揺れ動いて、見ているこちら側の心も揺れる。

結局本当のことなんて本人にしかわからないけど、本人の心すら一瞬一瞬で揺れ動くもんだしなあ。殺意があったか無かったかって、ニュース見るたび思うこと。

c0042941_184765.jpg


『茶の味』
ストーリーの説明不可能。出てくる人みんな変。めっちゃシュールすぎ!なのになんか癒される。
我修院達也って好きだなあ。記憶喪失になったときはうさんくさいと思ってたけど、物まねやってたときより今の方がずっといいよね。『桃尻~』だっけ?殺し屋の役と『世にも奇妙な~』でキムタクの妹役だったのがツボ。

c0042941_19112.jpg


『恋の門』
石で漫画をつくる自称「漫画芸術家」蒼木門(松田龍平)とコスプレマニアの恋乃(酒井若菜)のラブコメディ。マンガが原作だそう。これもシュールで訳わかんなさがおもしろかった。ちょいエロいので後ろに子供達がいて困りましたが(^_^;)

予備知識ゼロで見始めたから途中で叫んじゃったね。出演者すご過ぎ(超私的に)。忌野清志郎出てる~(>_<) 松田龍平こんなコミカルな役もできるんだ~かわいい~☆ サンボマスターの歌めっちゃいい~♪

漫画バーって実際にあったらいいな。


番外編。おすすめしません。

c0042941_2592954.jpg『乱歩地獄』
江戸川乱歩の『鏡地獄』や『芋虫』などの猟奇的な短編を映画化したもの。あまりにも原作とかけ離れていて、なんじゃあこりゃあ!って怒りすら感じたよ・・・。
浅野忠信、成宮寛貴、松田龍平とイケメンぞろいなのは良かったのにね~。

最後の話だけは、浅野忠信の壊れっぷりがホントにリアルで怖くて良かった。危ない役上手すぎるよねこの人。
[PR]

by nora426 | 2009-01-10 03:05 | 洋画・邦画

映画三昧

c0042941_0434862.jpg
『青い春』
気になりつつも後回しにしてた映画。主題歌、挿入歌が【thee michelle gun elephant】なんだって知って、慌てて観ることにした。
若さゆえの閉塞感とか虚無感とかわからなくはないけど、それが死や暴力の理由にはならないだろう?って、ついつい作品を親目線で観るようになっちゃったなあ(-_-;)
そうじゃなかったらかなり好きな作品だったかも。
ともかく映像と音楽はめちゃくちゃかっこいい!!!
それに、松田龍平、忍成修吾、塚本高史、瑛太etc 今をときめく(?)若手の俳優さん達のさらに若い時の姿を見られるのはなかなか貴重かも。

c0042941_0435913.jpg
『隣人13号』
『青い春』を見て、新井浩文という俳優が気になって観た映画。
『赤目四十八瀧心中未遂』 とか 『ゲルマニウムの夜』 とか、気になってた作品にあちこち出てるので、しばらくは彼を追って観ようと思います。
プロフィール見てびっくり、在日3世なんだって。なんだろな~やっぱ自然と引き寄せられるものがあるのだろうか?私って本当に100%日本人なのかしらね???

子供のころのイジメで凶暴な別人格が現れた主人公。小栗旬の裏人格の中村獅童があまりにも残忍で主人公に共感ができない。いじめっ子の赤井(新井浩文)も相当に嫌なやつなのだけど、妻と子にだけは優しいところもあって、誰に感情移入して観れば良いのかわからなくなる。
グロい描写を我慢して最後まで見ると、ラストでちょっと後味の悪さが軽減されます。

c0042941_044867.jpg
『アフタースクール』
同監督の『運命じゃない人』と比べると、どんでん返しの衝撃感・スッキリ感は少ない。
でもやっぱりおもしろかった~!大好きな役者さん大集合の映画だし。
やっぱり楽しい映画が好き。HAPPY ENDがいい。
もう一度細かい伏線を追ってゆっくり観直したい。

相変わらず中味の薄い感想で・・・。感想文書くの昔からニガテ(-_-;)
[PR]

by nora426 | 2009-01-06 01:34 | 洋画・邦画

【メゾン・ド・ヒミコ】

お次は【メゾン・ド・ヒミコ】。

あ~朝からビール3缶目~(*≧◇≦)ノ□
夏のあいだ休みなくありんこのように働いたんだからさ、冬くらいこんな日があってもいいじゃん!って思う自分と、なんだか後ろめたく思う自分がいるんだわさ。
別に誰に後ろ指刺されるわけでもないんだが。A型の性分でしょうな。
絶対A型っぽくないって最近は言われるけど。そんなにテキトー?

c0042941_14504863.jpgさて、映画の話。
ゲイバーを引退してゲイ専門の老人ホームを作ったヒミコ。彼(彼女?)には昔捨てた妻子がいる。その娘(柴咲コウ)のもとにヒミコの恋人(オダギリジョー)があらわれ、ヒミコが癌で余命いくばくもないことと、遺産をちらつかせホームの手伝いをする提案を持ちかける。

最後の場面がすっごい好きでした。なんか暖かくてじんわり泣けた。
オダジョーをステキだと思ったのは初めてかもしれない。やっぱ趣味がマニアックなのかもしれないわん(^_^;)

さて、お次は何を観ようか?
[PR]

by nora426 | 2008-12-16 14:53 | 洋画・邦画

『アヒルと鴨のコインロッカー』

c0042941_11134666.jpg本日は休日なり。
映画三昧の一日にするっすw(^。^)

ただいま『アヒルと鴨のコインロッカー』を観終わりました。
おもしろかった小説の映画化は大抵がっかりで終わるのだけど、映画のほうが先だった友人Kちゃんが「絶対おすすめ!」って太鼓判押してくれたので、見ることにしました。

小説ほどの衝撃と感動はないものの、これはこれですんごいおもしろかった!
どちらかというならば、絶対小説から先に読むことをおすすめするけどね。
ネタバレしそうなので映画のあらすじ知りたい人は自力で調べてください。(←単にめんどくさいだけだったり ^^;)

c0042941_11303489.jpgそしてそして!
同じ監督での次なる映画化は『フィッシュストーリー』。
しか~も!!!
なんと音楽プロデュースが斉藤和義!!!
せっちゃんのライブで配られたフライヤーを見てKちゃんと大興奮したのでした。もう鼻血出そうなくらいよ(* ̄TT ̄*)

3月公開が待ち遠しい~(>_<)
[PR]

by nora426 | 2008-12-16 11:32 | 洋画・邦画

レッドクリフ

c0042941_1134644.jpg

『レッドクリフ』 観てきました。
おもしろかった~!!!
8割がたアクションシーン満載。これはやっぱりスクリーンでしょ。
登場人物多いし展開が早いから、『三国志』の予備知識が多少あったほうがより一層楽しめるかも。

キャラ設定良い!金城武の諸葛孔明も良かったけど、今回は周瑜(トニー・レオン) に完全にやられました。現実にいないかしらあんな人?
劉備軍の猛将達もかっこいいこと!趙雲、張飛、関羽みんなありえないほど強いんだもん。思わず声出して笑ってしまうほどでした。

c0042941_97096.jpg


後半公開は来年の4月だそうです。
待ちきれないので図書館で三国志借りてくることにします。

当分は三国志にはまりそうです~!
[PR]

by nora426 | 2008-11-30 01:19 | 洋画・邦画

『人のセックスを笑うな』

c0042941_8493289.jpgまあ~過激なタイトルですがエロさは皆無でしたよ(^_^;)
松山ケンイチがかわいい~♡♡♡ 彼ならそりゃあ「だって触りたくなっちゃったんだもん」って言いたくもなるっつーの、がるるる(>_<)
山崎ナオコーラの原作を先に読んでとても期待していたので、映画としてはちょっと残念な感がありました。間延びしすぎ。1時間半で充分じゃ!でもあの原作の空気感は松山ケンイチと永作博美じゃなきゃ成功しなかったろうな~。

[PR]

by nora426 | 2008-10-16 08:52 | 洋画・邦画