読んだ本

c0042941_8351422.jpg


ネットめぐりをしてるときに偶然シャム双生児について書かれたHPを見つけた。
びっくりしたのは、昔B級のホラーやSFが好きでよく見てたのだけれど、そのなかのひとつ『フリークス』の登場人物がすべてホンモノだったということ。
今まであれは特撮とか特殊メイクだと思ってたのでびっくりしたの。今だったら人権問題だのなんだのでこういう映画作れないんじゃないだろうか?

見世物小屋や小人プロレスって、今はきっとないよね。多分映画とかも。人権にこだわるあまりにちゃんとプロ意識を持ってやってた人からも職業を奪ったりってこともあったんじゃないかと思った。差別差別ってうるさいのは大概健常者のほうだったりするからね。
シャム双生児の分離手術で本人達の希望によるものはほとんど無かったっていうのを読んで、正常とか異常って何だろうって、普段意識しないことを考える日々だった。
[PR]

by nora426 | 2008-08-05 08:57 | BOOKS