斉藤和義 @Zepp Sapporo 

c0042941_055652.jpg3/17(月) 
【斉藤和義 LIVETOUR2008 ~I LOVE ME~】
                   @Zepp Sapporo

まあ、なんだかんだとありまして札幌にたどり着いたのが18:45。とっくに開場してるはずなのにまだ外にたくさんの人が並んでて、ドリンク引き換えて席に着いたら開演ぎりぎり。なかなか始まらないなと思ってたら10分過ぎころWESSから配券ミスの謝罪の挨拶。

直前にHPで知った配券ミス。チケットでは1階なのに実際は17列目以降は2階席に。私の席も8列17番でやった近い♪と思ってたのに、HPのそのお詫びの文章ではじめて数字の番号の前にアルファベットA~N列があるのを知った。で、Nの次がなぜか1じゃなくて5から始まるの。意味分からん。
なので私は実際は18列目。先にHP見てたからがっかり度は薄れていたけど、当日知って怒った人も多かったかもね~。

結局15分頃かな、せっちゃんの登場。
今まで見たことないピンクの派手な衣装。ウルフルズかと錯覚しそうだった(^◇^;)
バンドも見事に派手&昭和な感じのいでたち。やっぱりコンセプトは『昭和60年代の歌謡ショー』な感じだそうで。アルバム『I LOVE ME』、なんか全体的に昭和っぽいな~って思ってたんだよね。『どしゃぶりジョナサン』とか『新宿ララバイ』・・・タイトルからしてもう。最初は古臭く感じてたのにじわじわはまるものがあって、今回のライブでもう完全にやられましたわ(>_<)

『男節』から『ああ半年』までの歌謡ショーのあとはだんだんと普段のライブモード。
『バカにすんなよ』ではあいだにMC代わりにぼやきを入れて。すすきののソープの待合で自分の曲がかかったとか、いつものエロネタ連発やら、白い恋人食べて腹痛い・・・みたいな地元ネタ、「桜井君「愛してる」言い過ぎ」「あれはオレの曲だ~!」とか。
WESSのミスにも「バカにすんなよ!」・・・で、次の曲はミスのお詫びに1曲増やしましたってことで、キーボード弾き語りの『桜』。昔の曲聴くと涙出る(T_T)

アンコールにもお詫びの1曲があって、さらに気分がいいからもう1曲って、結局3時間。他の会場よりもかなり長くやってくれたみたい。ミスしてくれて逆にありがとうWESS!って気分。

真ん中で『歌うたいのバラッド』『ウエディングソング』などしっとり聴かせてくれたあとは、怒涛のロックンロール!『社会生活不適合者』は拳振りあげ叫びっぱなし。おもしろかったのは、せっちゃんのライブは男子率がけっこう高いんだけど、今回は平日なもんで会社帰りのスーツ姿が多かったの。スーツで立てノリ&拳振りあげ「社会生活不適合者~!!!」・・・ウケた(^o^)

アンコールはグッズのTシャツに着替えて登場。普段着てもおかしくないくらいかわいいデザインなんだよね~お金ないからあきらめたけど(T_T) 余裕できたら通販で買う!!
アンコールの最初はこれもスペシャル。せっちゃんがドラム~!?しかも『アゲハ』!かっこいい~!そして演奏終えるなり「みんな~!オレの○ナ○ーに付き合ってくれてありがとう~!!!」・・・このギャップがたまらんのだよね(^_^;)

『歩いて帰ろう』で最後だと思ったのに、ひとり残るせっちゃん。『ワンダフルワッフル』『かすみ草』を弾き語り。キュン死ですわ☆ これが下ネタ連発の同じ人から発せられた詩とは。
最後「ばいば~い!またね~!」ってテレながら手を振っていく姿がかわいかった♡♡♡

ライブ終了後、ステージのとろけハートがすごくかわいかったんで思い出に写メ撮ったらWESSのスタッフにがっつり腕つかまれ、目の前で消すように怒られました(-_-;) ライブ中に撮ったわけでもないしステージくらいいいじゃんかケチ~!!!

いろいろあったけどTOTALでプラスの大満足~♪




男節
I LOVE ME
砂漠に赤い花
愛に来て
どしゃぶりジョナサン
新宿ララバイ
あぁ半年
ドライブ
バカにすんなよ

老人の歌
歌うたいのバラッド
ウエディングソング

ベリーベリーストロング
煮え切らない男
僕の踵はなかなか減らない
社会生活不適合者
ジレンマ

<アンコール>
アゲハ
Swing
通りに立てば
歩いて帰ろう
ワンダフルワッフル
かすみ草


セットリスト拾ってきたけど、他にも歌ってくれたような気がしてならない。『トレモロ』歌ってないっけ?昔の曲ももう一曲くらいあったような・・・?まぼろしかしら・・・???
しかしすごいね。メモでもしないと私には覚えられないよ。実際OLDのライブで真剣にメモってる人とか見たけど、そうなると音楽に集中して楽しめないんじゃないのかな~?
お疲れサマンサ。
[PR]

by nora426 | 2008-03-18 17:25 | J-ROCK紹介&ライブ参戦記