「ミッドナイト・クライシス」

c0042941_16252351.jpg


今日は昨日のリベンジで中央図書館。
館内の喫茶店「えちおぴ屋」でコーヒー飲みながら借りた本を読む。
手作りシフォンケーキのセットは600円。酸味より苦みの強いほうが好きなのでコーヒーはブラジルにしてみた。おいしい♪

読んだ本は
茅野裕城子 『ミッドナイト・クライシス』
・・・アメリカでは中年の女性が突然、脅迫観念にとりつかれたようになにもかもいやになり、どうしていいのかわからなくなって、とんでもないところに活路をみいだしてしまうのを「ミッドナイト・クライシス」と呼ぶのだ・・・

・・・今のあたしのことかいな。なにもかも混沌として。自分が複雑にしてるだけなんだが。

友人Kは「最近うちら生き急いでる感じ?美人薄命っていうしさ~」
などとのたまっていたが、こんだけ生きたらもうその言葉は期限切れじゃん?
「生き急ぐ」ってよりはむしろ「最後の悪あがき」だろ。

ミッドナイト・クライシスか~。はよ朝になれ!!!
[PR]

by nora426 | 2008-02-05 16:25 | 日記