お仕事

昨日は韓国からの団体さんが入ることになっていた。当初の予約は20数組、日に日に減って、当日来たのは結局2組8名様だった。

ぎりぎりまで予定が決まらないってのは、韓国人とかかわったことのある人間ならば誰でも知ってることだし、私なんかは最初からあきらめてドタキャンされる覚悟で予定を入れるけど、それがビジネスならばやっぱり怒りたくなる気持ちも当然だとは思う。

だけど、だからといって韓国人や中国人すべてを見下したような言葉を耳にするのは非常につらい。まるで身内の悪口を聞かされているようで悲しくなります(T_T)

「韓国人にそんなサービスする気ないから!!!」って、その言葉は接客のプロとしてどうなの?相手がナニ人だろうとお客様には変わりがないのだから、皆さんに気持ちよく楽しくお食事して帰っていただくことが私達の仕事じゃないの?
ど~だっていいような細かいことでねちねち怒る暇があったら お客様にサービスしてください。・・・と、本人に言えなかった言葉をここで吐き出す。(ひとりだけいるのよ、ヒステリックなお局様が。)

話がそれたけど、確かに韓国人は約束は守らないし食事のマナーも悪い。でも、それって日本人から見たマナーだしね。相手の国の文化を知ればそんなに腹も立たないもんなんだけど。

例えば、レストランで持ち込んだキムチやカップ麺を食べる、お冷やのグラスに持ち込んだコーヒーミックスを入れて勝手にアイスコーヒー作って飲んでる・・・などなど、ありえない状況もしばしば目撃。私にとっては微笑ましくさえ映る光景なのだが(^_^;)

トラブルネタのひとつ、「おかわりくれ」。でも、昨日はちゃんと韓国語で「別注文になるんですよ~、申しわけありません。」って伝えたら、「そーかい、いやいやいいんだよ~」って感じだった。そのあとはお冷や注ぐだけでも「アリガトー」って笑顔返してくれたりして。

c0042941_2312532.gif韓国の人は声が大きいから普段でも怒ってるように聞こえてしまうんだけど、言葉が通じれば全然そんなことないってわかる。言葉が通じると心も通じるんだな~って昨日もしみじみ感じたなw(^。^)
[PR]

by nora426 | 2007-07-29 22:33 | 日記