パッチギ

パッチギみてきました。
おもしろかった!
 今回は、のらの「泣きのつぼ」にぴったりはまってしまいましたよ(T_T)
目を覆いたくなるようなケンカのシーンの連続だったけど、きっとあれが当時のリアルな様子なんでしょう。在日小説に喧嘩はつきもの。いろいろな抑圧された感情は暴力に向かうしかなかったのでしょうね。
そんなハードなシーンも、ほわっとしたキャラの主人公の恋愛ストーリーで緩和されつつ、
はらはらして、笑えて、泣けて、やっぱり最後はHAPPY END。・・・最高です!
 なんといっても曲が良かったよー!
「イムジン河」「悲しくてやりきれない」「あの素晴らしい愛をもういちど」
中学の時、音楽の先生がフォーククルセダーズの大ファンだったらしく、毎時間歌わされていたこともなつかしく思い出したのでした。 青春だな。

c0042941_158978.jpg

박치기 パッチギ = 人やボールを頭で突くこと
・・・人とボールを一緒にすな!って辞書に突っ込んでしまいました(^_^;)
[PR]

by nora426 | 2005-02-05 15:58 | 洋画・邦画