大変な韓国

c0042941_154830.gif今日ソウルのチングは昼間は友人の母親の還暦祝いで春川、夜は真ん中の姉の誕生日で水原にいる。少し前にはお姉さんのご主人のお母さん(一緒に住んでるわけではない)の誕生祝いのため、チング母までも春川からソウルまでわざわざ上京。
こんな風に毎月毎月なにかしらと言っては親族や友人の集いがある。チングに限らず韓国人は親族の結びつきがとこ~とん深い

日本ではどうなんだろう?私は親の誕生日も祝ったことがない。まあ、私の場合は参考にはならないけれど。20歳の誕生日に決別するまで私はある宗教団体におり、そこでは一切の祝祭を禁止されていたので、私には誕生日もクリスマスもなかった。でも、周りのごく一般的に育ってきた友人達からも、そんなにそんなに親族が集まるなんて話は聞いたことがなかったな。

c0042941_1113849.jpgTBSアナウンサー安住紳一郎のエッセイ『局アナ』読んだ時、姉の出産を年賀状で知った・・・というエピソードがあり、なんだやっぱ日本人ってけっこうそんなもんなんじゃん?って少し安心した。便りのないのは元気な証拠っていうしね。

韓国チングと知り合って私も日本の友人に以前よりマメに連絡取るようになった。「なにかあった!?」って最初は驚かれたけど(^_^;) おかげで楽しい集いが増えたよ。今度はいとこ達にも「今度は葬式以外で会おうよ~」って話を持ちかけてる。そういう良い面はどんどん吸収していきたいけど、上記のような日常をみると、ま、息子はともかく、韓国の嫁は大変だろうな~って思ったな。
[PR]

by nora426 | 2006-11-26 01:13 | 韓国雑記