どうなることやら 「バッシング」

c0042941_1135520.jpg

チケットの売上が予想より伸び悩んでいるらしいです(-_-;)
地元オールロケ作品でしかもカンヌまで行った作品なのにねえ。確かに一般市民の興味をひくテーマでないことは否めませんけどね。

まあ、ここは自分のブログなので正直に言っちゃいましょう。試写観終わった時、映画観る前に実行委員引き受けてしまったこと少し後悔しました(-_-;) 色々と考えさせられる、観るべき価値のある作品だとは思うけれど、自分から他人様にはおすすめしにくい。これ、上映終わってから打ち明けようと思ってたんだけど、私嘘ついて宣伝したくないもん。

もうひたすら暗くて不幸。主人公の性格がひねくれてて共感しようがない。(それって私もバッシングする側にまわってしまう可能性があるってこと?) 観終わってなんともいえない消化しきれないもやもや感が残る。けど、ある意味それが監督の狙いなのかもしれない。主人公の生き方を肯定も否定もせず、リアルに淡々と撮る事で、観る人によってそれぞれに違う感想が生まれるのじゃないかと。関係者以外の人と早く感想語りあってみたいものです。だからぜひ観てみてね~!(どっちなんだよ!?って言わないで(^_^;)) 

私は映画は娯楽だと思っているので、思いっきり現実離れした物語か、ドキュメンタリーでも観終わってHAPPYな気分になれる作品の方が好きです。そういう映画なら「これおもしろいから絶対見て!!」ってがんがんおすすめもできるんですがねえ。
同監督の「フリック」はなかなか好きな作品でした。現実と幻覚と時空が入り乱れてわけわかんない感じが。古いけどデイヴィッド・クローネンバーグの「裸のランチ」 あんな雰囲気の映画でした。

「フリック」も苫小牧オールロケ。実は小林監督が苫小牧で撮った作品が他にもう一本あり、なんと石橋凌が出演!生・凌様、見たかったな~!!めちゃめちゃ渋くてカッコ良かったらしいっす。映画公開したらゲストで苫小牧に来てくんないかな~!そしたらなにがなんでもまた実行委員やるよ。そんときゃただ働きでも絶対文句言わずチケット売るさ~!
私の中での石橋凌はやっぱり俳優業よりARB!昔のカセットテープ(!)取り出して聴いてます。 魂こがして~♪
[PR]

by nora426 | 2006-05-25 12:05 | 北海道