私の韓国語学習年表

韓国語学習歴を尋ねられることが最近続けてあったのだけれど、長くなりすぎていつからなのかとっさに答えることができない・・・(^_^;)

で、調べてみたら、映画「シュリ」を観たのが2000年3月。そのあとからってことになるので、すでに丸6年ですか・・・( ̄‐ ̄*) 6年・・・期間の割りに全く進歩してない自分に愕然としたのだけど、中学・高校と6年間英語勉強しても全~くしゃべれないことに比べたら、なんとか日常生活に困らない程度にコミュニケーションとれてる今って格段の進歩じゃなくって!?負け惜しみじゃなくってよ!(≧◇≦)

2000年。
最初は独学でNHKのテキスト買ったりして。でも独学ではにっちもさっちもいかなくて、市内在住の韓国人を探しまわる。
娘の英会話の先生の義理のお姉さんが韓国人ということがわかってコンタクト取ろうとしたけど、赤ちゃんが生まれたばかりで無理と断られる。その時の韓国人が、今のウリイェップンソンセンニムJ先生。なんだか「運命」という言葉を感じてしまいます。

2001年。
「2002年日韓共同開催ワールドカップ」に向けて市民講座「ハングル入門」開講。講師のK先生は釜山訛りのおじいさん。もともと語学の先生ではないので、しょっちゅう(というか90%)本業の農業研究や家族自慢に話が脱線。講師としてはう~ん・・・だったけど、今でも年賀状等で学習を励ましてくださる優しいおじいちゃん(^_^)

この講座で知り合った仲間達とサークルを結成。市内の大学に留学中の中国籍の韓国人(いわゆる朝鮮族)のEさんに講師をお願いする。家庭ではほとんど韓国語だったというE先生の話す日本語は、なぜか中国人ぽい巻き舌の早口。不真面目な私たちはその迫力ある早口でしょっちゅう怒られてましたっけ(^_^;) ドラマが聞き取れてたらいいや、ぐらいの軽いノリだった私達にはっぱかけて3級試験合格するまでに進歩させてくれた先生。感謝してます。中国でお元気にしてらっしゃるのでしょうか?
(E先生の前にえんちゃんという朝鮮族の留学生がいたんだった!すぐ大阪に転学しちゃったからえんちゃん先生の記憶は残念ながら薄いんだよなあ(^_^;))

2002年。
さらなる運命の出会い。韓国語をもっともっと勉強したい。習った言葉を使いたい。毎週のように通っていた韓国料理屋で、ワーキングホリデーに来ていたYさんと出会う。「韓国語教えてください!友達になってください!」人見知りの私のどこにそんな勇気があったのか。韓国がからむと人が変わるんです私(^_^;)
それから毎週一回Yさんちに通ってたけどほとんど遊びに行ってるようなものだったな。私が訳した詞を直してもらったり、ご飯食べておしゃべりしたり、すごく楽しかった。あのころはまだ無口で超~真面目な人だと思ってたけどね、Yさん( ̄∇ ̄;)

2003年。
Yさんに大学の短期留学生達を紹介してもらう。カラオケ行ったりお互いの家でご飯つくって食べたり。本当に楽しかった♪彼らにまた翌年の学生を紹介してもらい、さらにまた翌年と・・・交流が続くことになる。本当に、あの日ふらっと一人でK州に立ち寄らなかったら、Yさんに出会うことも無かったし、その後の学生達との交流もなかったのかもしれないと思うと、人の縁とか運命とかしみじみ感じてしまうね。

2003年5月と12月、J先生の市民講座が始まる。冬の講座終了後、そのままのメンバーでサークル化、現在に至る。今は先生のおめでたで休講中。この先はわからないけど、ずっとこのメンバーで遊んでたいなあ。もしも講座が無くなってもよろしくね、先生、みんな!

この2003年がもう毎日ハングル漬け。水曜日市民講座、日曜日E先生との勉強会、木曜日Yさんと遊んで。日記を見かえすと韓国・韓国・韓国どっぷりな日々・・・(^_^;) 

けど、4年目くらいかなあ、ようやく韓国語が「わかる」と言える状態になってきたのは。
2004年に学習成果を確認すべく韓国一人旅に出かけ、そこらへんから音の塊、文字の塊が「言葉」として頭に入ってくるようになったの。

今年からは教育院に通うことにした。もっと学習として真面目に取り組んでいくつもり。
なんで?って聞かれてもわかんないけど。いまさら就職に・・・ってわけでもないし。ただおもしろいから、楽しいから。
楽しいと思う限りずっと続けていくよ。自分のペースでw(^。^)
[PR]

by nora426 | 2006-04-16 11:47 | 自己紹介