「ドクター・ボン」

c0042941_14365544.jpgちょっと古めの映画だけど、「ドクター・ボン」をやっとみた。ハン・ソッキュの映画デビュー作なんだそう。
「シュリ」「8月のクリスマス」でハン・ソッキュを知った私には、「ドクター・ボン」や「ナンバー3」のようなコミカルだったり下品な役はどうも・・・(ーー;) 作品を選ぶことで有名な俳優さんだけど、その選択基準がわからんな。
キム・ヘスはやっぱりかわいい!あんなにナイスバディなのに、「愛の群像」の中では母親から太ってると何度も言われ、ヨン様に「太ってるけど私でいいの?」って言う場面もあり。韓国ではあれでデブ?うそ~ん!私が韓国の子達から「痩せろ」と言われるのも無理ないんだろうなあ、ちぇっ(-_-;) 私が男だったら絶対薄っぺらな身体の女よりむっちり抱き心地の良い体型の方がいいと思うんだけど。

映画に話を戻して。
曜日ごとに違う女と付き合うプレイボーイの歯科医ボン。実は亡くなった妻が忘れられずにいる。女性の前では8歳の息子におじさんと呼ばせるが、そんな父を冷静に見つめる息子がかわいい。キム・ヘスは彼らの階下に越してきた生意気でプライドの高い作詞家役。ボンの友人役にユ・オソンもでてる。8歳の子持ちの役なんだけど、これから6年後「チング」で学ラン着てるのよね~(@_@) 年齢不詳。
[PR]

by nora426 | 2006-03-26 15:06 | 韓国映画