泣けた?

c0042941_9445470.jpg「忘れ雪」 新堂冬樹
初恋-別れ-再会-すれ違い・・・と、うーん、このところ良く見かけるパターンではありませんか? しかも最後は・・・ああ、これ以上はネタバレになるか(^_^;)
冒頭の、忘れ雪の舞う公園での青年と少女の出会いのあたりはすごくせつなくて期待大。 (ここらへん、好きだった佐々木丸美の「雪の断章」思い出しました。)
ところが、純愛ストーリーは後半いきなりサスペンスな展開になってしまうのでした。 一体どうなるの!?って、最後まで一気に読んでしまったので、まあまあおもしろかったとは言えるんだけど・・・。 
新聞かなにかの紹介で見て、前から読みたかったんだけど、「泣ける純愛小説」ってコピーには疑問。 まあ、作者が「カリスマ」の新堂冬樹ですから、ただの純愛で終わるわけはないのでした。         ↓


c0042941_10202416.jpg「カリスマ」 新堂冬樹
新興宗教の教祖となった男の話。
どうしても、オ○ムの教祖が脳裏に浮かんで気分の悪くなるストーリーなんだけど、宗教にはまっていく人の心理など良く描写されていた。
エログロが平気な方はどうぞ(^_^;)
[PR]

by nora426 | 2005-05-16 10:33 | BOOKS