悪夢

風邪をひいちゃいました(-_-;)
昨日は一日中、本を読みながらだらだら寝てました。
今朝、怖い夢で目が覚めたのは、就寝直前まで読んでた本のせいでしょう。

c0042941_971964.jpg「キョウコのキョウは恐怖の恐」 諸星大二郎
著者は漫画家で、これは初の小説集なんだそうです。
・・・エレベーターで間違って降りた地下一階になぜか小さな祠が・・・とか、お寺でひっそり行われる謎の行事に、小さな女の子・・・とか、悪い夢をみているような内容。さすが漫画家、映像がイメージしやすい描写に何度かぞぞ~っとさせられました(>_<)

最初の話のタイトルは「狂犬」。
子供の頃、犬に噛まれたら必ず「狂犬病」になるんだと信じてました。
噛まれたら犬みたいになっちゃうんだと思って、怖くて怖くてしかたなかった。
当時は野良犬も多くて、下校するたび追いかけられて、泣きながら全速力で
家に帰った記憶があります(^_^;)
いまだに犬は苦手なので、最初の短編が一番怖かったです。
[PR]

by nora426 | 2005-05-16 09:33 | BOOKS