こんなのもあるよ(^。^)

c0042941_1636513.jpg

韓国好きなら誰もが知ってるセウッカン=かっぱえびせん。
でも今まで、これってちゃんと日本と契約とか技術提携して作られてるんだと
思ってたなー!だってこんなにどうどうと似てるんだよー(^_^;)
他にもポッキーのそっくりもあるし、TV番組もほとんどまねっこ。 嫌いなのに
真似するのは「嫌い嫌いも好きのうち」ってことか?

このことがいまさらニュースになるのは、今年の日本文化の全面開放によって、
今まで知らないでいた人達までが知るようになったから・・・なのかなー?
さて、真似はなくなるのか? 
おもしろいから そのままでいいと思うんだけどな(^◇^;)


<ぷち韓国語講座>

닮아요  タルマヨ  似ています*
비슷해요  ピスッテヨ  似ています*
똑 같에요  ットカッテヨ  同じです


*両者の使い分けがはっきりしないんですが、「お母さんとそっくりですねー」などと
顔が似ていると言いたい時には前者닮다を使います。

어머니하고 닮았네요  オモニハゴ タルマンネヨ






<朝鮮日報の記事より>

 日本のテレビ局が、韓国製菓メーカーが日本の製品をそのまま真似ていると報じ、論議を呼んでいる。

 インターネットなどを通じ、この事実が国内に広まると、「国の恥さらし」という非難とともに、「韓流ブームにピリオドを打とうとする日本の意図」との反駁が上がっている。

 2日、業界によると、日本テレビ東京が先月26日、時事番組「ワールドビジネスサテライト」を通じ韓国製菓メーカーが日本の菓子をそのまま真似る慣行について報じた。

 同番組は ▲農心(ノンシム)のセウカン(発売年度1971年)とカルビーのかっぱえびせん(1964) ▲ロッテ製菓のペペロ(1988)とグリコのポッキー(1966) ▲オリオンのチョコソンイ(1984)と明治製菓のきのこの山(1975) ▲ヘテ製菓のカロリーバランス(1995)と大塚製薬のカロリーメイト(1983)、などを代表的なケースとして挙げた。
[PR]

by nora426 | 2005-05-14 01:46 | 韓国雑記