『MW-ムウ-』

パンを焼いて、家事をして、あとはゴロゴロ映画三昧♪
週末引きこもり満喫~ヽ(^o^)丿

MWは原作が手塚治虫、主役の猟奇殺人者に玉木宏、幼馴染で神父の役には山田孝之。
原作はこのふたりは関係があるらしいのだが、映画ではそういうムフフなシーンは全く無し。
お耽美好きな腐女子としては、そのへんもうちょっと濃厚なカラミがあっても良かったのだがな~(^◇^;)

玉木宏が美しい♪
山田孝之はなんかどんどん濃くなってない?キレイな顔だったのにな~

おもしろかったし、余韻のある終わり方も良かったけど、もうちょっとどぎつくショッキングな映像にしたほうおもしろかったんじゃないだろうか?・・・って、韓国映画観すぎてるから思うのかも(^_^;)

最初の追跡シーンがやったら長かったな~。せっかくタイまで行ったんだから元とって映さなきゃってことなんだろうか?
石橋さん走らせ過ぎだから~

しかし、今から30年以上も前にこんなストーリーを作ってる手塚治虫は本当にすごい!
[PR]

by nora426 | 2012-01-22 23:00 | 洋画・邦画