斉藤和義 ライブツアー2009≫2010 "月が昇れば"

c0042941_1522493.jpg斉藤和義 ライブツアー2009≫2010 "月が昇れば"
@北海道厚生年金会館 18時半START 21時終了

楽しかったな~!
一緒に歌って踊って、ひとり参戦なことも歳も忘れてはじけまくり、今年一番のりにのってしまったライブでした。
せっちゃん最高ヽ(^o^)丿

夢チカ先行で取った席は前から10列目の左通路側。
絶好のポジションだったけど、やっぱ年金はステージが遠い気がするね~?真ん中辺で見てたZEPPより遠い感じがしたよ。

ぐるんと見渡すとやっぱ女性が多いんだけど、「おじさん」の姿もけっこう目立つのが他のライブには無い光景かも。
でも昔はもっと男ばっかだったんだけどね。

ゆる~い「いえ~い!」の声と共にせっちゃん登場。かわいい♪

「COME ON!」
「LOVE&PEASE」
「すっぱいぶどう」
「スナフキン・ソング」
「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」

・・・と、のっけからがつんとノリの良い曲が続き、思わず「もったいない・・・」とつぶやく私。だってまだ準備ができてなかったんですもの。(なんのだよ?)

「古い曲やりま~す」って「スナフキン・ソング」始まったときは「きゃ~♪」と歓声をあげてしまった。この歌も大好き♪

ガツンと続いた後はピアノの前に座って。
相変わらずのエロトーク全開。
北海道寒いのにミニとか露出が多くて「良い心がけですね」とか、ススキノで見かけた風俗店の名前のことだとか。

でも『情熱大陸』ではエロ部分全部カットされて、とても良い人みたいに放送されてたとか。うはは。

「やぁ無情」
「映画監督」
「愛の灯」
「例えば君の事」
「後悔シャッフル」

同じ口から出る詩とは思えないぞ。そのギャップがいいのだけど。

また真ん中に戻ってピアノからギターへ。
しかし一回のライブに何本のギターを持って来てるのやら?曲ごとに使い分けてる。私は種類とかわかんないけど、せっちゃんのコレクション楽しみに見てるギター小僧とかもいるんだろうなあ。

ステージに大きな月が下りてきて、月がらみの曲が続きます。

「天国の月」
「ぼくらのルール」
「Phenix」
「月影」

「月影」きゃああ~これも大好き!!!
・・・晴れた夜には誰の後ろにも~月はついてくる~♪
満月見るたびについ口ずさんでしまうのだわ。

新しいアルバムの歌も大好きだけどやっぱり昔の曲やってくれるとテンション上がる♪

せっちゃんが前編音楽を担当した映画『ゴールデンスランバー』の話題になり、犯人にされた男が逃げてるシーンでの曲をちょこっとやって、「・・・逃げてるっぽいでしょ?」とニヤリ。

『アヒ鴨』の伊坂幸太郎×中村義洋だもん、おもしろくないわけない!絶対観に行く!!!
・・・っつって、そういや『フィッシュストーリ』もまだ観てないんだよな(T_T)

劇中使われてるビートルズの「ゴールデンスランバー」のカバーもさわりだけ。うおおおカッコええ~(>_<)

そして「Summer Days」。これも多分劇中歌。
そういや、東京で公開終わった映画が札幌でまだ上映されてて、観て来たんだって。パンク映画って言ってたけど、タイトル覚えてないや。

そして終盤に向かい一気に加速。
「Bitch!」
「Mojo Life」
「I LOVE ME」

「彼女は言った」はもちろんエロバージョン。
「なにが欲しいんだい?」「せっちゃんの・・・」
ほんとアホだわ~(^_^;)

時どきやってたコール&レスポンス。
「いえ~」「いえ~」
「モミモミ!」「モ・・・^^;」
「もっと××」とか「そこは××」とか。
並びの女の子達は言ってたけど、大半は苦笑いさね(^_^;)

「歩いて帰ろう」がラストじゃないの珍しかったかも?
「ハローグッバイ」でしっとり終了。

アンコールは
「歌うたいのバラッド」
「ベリーベリーストロング」

二度目のアンコールは
「君の顔が好きだ」これまたエロバージョン。
帰ると見せかけて、せっちゃんひとり戻ってきて、
「アンコール」を弾き語り。素敵過ぎ。

笑って感動して、大満足の夜でした。

セトリは自分のメモをお他所で拾ったセトリと照らし合わせながら書いたのでほぼ間違いないとは思うのだけど、なんか足りないような多いような気もしてます(^_^;)


*ライブ当日にCDダブル購入プレゼントのコースターが届きました♪
それとツアーストラップ。せっちゃんのツアーグッズはセンスが良くて普段使いできるのがいいね。Tシャツも欲しかったなあ。
[PR]

by nora426 | 2009-12-01 01:55 | J-ROCK紹介&ライブ参戦記