読み聞かせ

c0042941_042076.jpg秋なので今回は『月』にちなんだ本を数冊図書館から借りてきました。
高学年にもなると本選びには本当に苦労します。子供たちの反応シビアだからな~(-_-;)
いつもはウケ狙い的なおもしろくて短い絵本を3冊ほど持っていくんだけど、今回はちょっと長めの物語にチャレンジしてみました。

【おつきさまのやくそく】 いとうひろし
ひとりぼっちでお留守番してる男の子のところにお月様が遊びにやってくるってお話。
父子家庭の設定とラストのオチにうるうるして、試し読みしたときもヤバかったけど、本番でも声が詰まってしまった(>_<) 娘にはけっこうありがちな話じゃない?って言われちゃったけどね。

物語の中にさらに物語が出てくるちょっと凝った構成になってて、子供のセリフにラストへの伏線が張ってあったりとなかなかよくできたストーリーだと思うのですが、集中してないと伝わりにくいんじゃないかと不安でした。
思ってたより長くて持ち時間の15分を少々超えました。案の定中盤くらいから厭きた男子がざわつきはじめ・・・。まあ私の腕の無さが敗因ですがね(T_T)

家でじっくり読んであげるにはとても良い絵本だと思います。


9/11(金)
小学校で読み聞かせ-仕事-銀行-美容室(娘)-夕食-中国語講座-TV、ネット、読書etc
[PR]

by nora426 | 2009-09-12 00:04 | BOOKS