大人の注意欠陥障害(ADD)

「片づけられない女たち」  サリ・ソルデン 著
「片づかない!見つからない!間に合わない!」  リン・ワイス 著
「片づけられない人のための仕事の本」  リン・ワイス 著

<ADD三タイプ>
1.見た目にすぐわかるADD
  口も体も多動。活発で派手で外向的。
2.内面で混乱しているADD
  空想が多く、気が散りやすい。繊細で傷つきやすい。
3.枠組みに頼っているADD
  ガンコな仕切屋。過集中。決まったマニュアル内でのみ実力を発揮。

<ADDチェックリスト>
・落ち着きがない
・考えずに行動する
・思いつきで話す
・整理整頓が苦手
・独自の整頓法が乱されるのを嫌う
・仕事に使う道具・書類をよくなくす
・頻繁に遅刻する、時間の感覚がない
・こなせない程の仕事を安請け合いしてしまう
・聞いてないのにカラ返事をしてしまう
・気が散らずに最後までやり遂げることが難しい
・次々と別の仕事に手を付け、どれも完成しない
・やってみないと覚えられない
・中断させられると元の作業に戻るのが難しい
・いったん集中すると没頭してまわりが見えなくなる
・雑音・匂いなど環境要因に敏感
・批判に対して過敏すぎる
・怒り・悲しみなど他人の感情に巻き込まれやすい
・職場の対人関係問題に感情移入しすぎる
・刺激・リスクのあることに興味をひかれる
・嗜癖・依存(アルコール、買物、恋愛…etc)



 まだADDという言葉がなかった随分前の事。
私は忘れ物を取りに行くためにタクシーに乗っていました。運転手さんに「私って本当に忘れ物が多くて困るんですよねー」と話し掛けると、その運転手さんは「お客さん、考え事が多くないかい?」と。忘れやすい人は何も考えてないんじゃなくて、他の人より考えることが多すぎるんだよ、と。
私はその運転手さんの言葉をいまでも忘れません。そうだったのか!と、霧が晴れたような救われたようなすっきりとした気持ちになりました。

 ADDという言葉を知ったいま、私、母、娘…見事な母子三世代ADDであると自覚しています。多動のないタイプで頭の中だけが忙しいADDです。
上記チェックリストを見ると、かなり社会の困ったさんになるわけですが、自分の事をちゃんと理解して苦手な事がわかるとかなりの部分は克服できると思います。

整理整頓、特に紙類の片付けが苦手。
最初からDMやカタログが家に来ないようにしたり、すぐ目を通して片付ける。後で…は永久にやってこないと思った方がいい。
時間の管理は、約束したら手帳には30分前の時間を書いておく、家中の時計を進めておく、などで乗り切っています。
 現在二つの仕事をかけもち、家事、趣味と常に時間に追われているのですが、ADDは追い詰められると集中力を発揮できるという特性もあるそうで、そういった面では現在の状態が私にとってはベストなのかも知れません。

 自分はADDだ!と開き直るつもりはありません。もし昔の私の様に何をやっても失敗ばかり、自分はなんてだめなんだと自信をなくしてる人がいたら、それはADDのせいかも知れないと気付いて欲しくて。


*追記
何年も前に書いたコレが未だに検索されて読まれてるみたいなので、恥ずかしい限り(>人<;)

このチェックリスト、今読んでもほぼ当てはまるんだけど、実際のところ性格によるものなのか病気によるものなのかってのはちゃんと専門機関で診断受けないことにはわからないかも?

この間に実際にADDとかアスペと診断されてる方達と深く接する機会があったわけですが、自分はそこまで困ってないというか、自分の努力や工夫で克服できるレベルは病気とは違うのかな?と思い直したり。

何言いたいのかよくわかりませんが、
ADDで検索して見ていただいたのに何のお役にも立てず申し訳ありませんってことです^_^




[PR]

by nora426 | 2005-03-20 12:27 | BOOKS