火の鳥

c0042941_7481386.jpg 「火の鳥」(1~26話)ようやく全部見終わりました。
重くてつらい内容なうえに、見ている途中でイ・ウンジュさんが現実の世界で亡くなったりしたので、本当に見るのがつらいドラマでした。 彼女の悲しい表情を見るたび、このとき現実もつらい時期だったのかな?と考えてしまったり。
 
 続けてつらい役が多かったことも原因のひとつになっているのでは・・・と、ふと思いました。
「es」という実話をもとにした映画がありましたが、集まった人を看守役と囚人役に分けて一日演じさせるとどうなるか・・・たった数時間で演技と現実の区別がつかなくなり暴動がおきて・・・という怖い内容だったんですが、俳優さんもやはり役に完全にのめりこんでしまうことがよくあるようです。 彼女は現実もつらくて、役柄もつらくて、問題を前向きに考えて立ち向かっていく力をうしなってしまったのでは・・・と考えました。 詳しいニュースみてないから、単なる憶測ですが。

 ともあれ、改めてご冥福をお祈りいたします。
ほんとにきれいで良い女優さんでしたね。

[PR]

by nora426 | 2005-03-17 07:57 | 韓国ドラマ