映画三昧

寺島しのぶの演技が評判だった 『ヴァイブレータ』 がGOMに上がってたので観てみた。けっこうエロかったけど良い映画だった。
家庭環境、アルコール依存、摂食障害、行きずりの男との関係・・・主人公に全く共感できない人と、まるで自分のことのように痛みを感じる人ときっぱり分かれると思うけれど、どちらの評価にしてもそう感じさせられる寺島しのぶのリアルな演技がすごいと思う。

c0042941_21551146.jpg


相手役の大森南朋、好みのタイプじゃないけど映画終わる頃には惚れてた!特に声がいいな~(〃▽〃)
さっそくWIKIで検索。
出演作品に 『赤目四十八瀧心中未遂』 とか 『ゲルマニウムの夜』 とか観たかった作品の名前が続々。これには最近気になっている新井浩文も出てる。観たい観たいっ!!!

『真夜中の弥次さん喜多さん』 『それでもボクはやってない』 『乱歩地獄』・・・最近見たばっかりの作品にも!脇役好きな私が全然ノーチェックだったとは。
『殺し屋1』・・・主人公じゃん!?浅野忠信の印象が強すぎて気付かなかったよ~!作品ごと雰囲気が違う。役者じゃの~!

c0042941_21555992.jpg


それでまず 『アイデン&ティティ』 から観た。
メジャーデビューしたもののさっぱり売れないバンドマンが音楽の方向性を模索して葛藤する話。大森南朋は無口なべーシスト役。
前にも何度か観ようとしては挫折してた映画。中村獅童が好きじゃないってのもあるけれど、前半がつまらなくて何度巻き戻しても同じところで居眠りしちゃって(^_^;)
今回はがんばって最後まで観たら、後半がかなりおもしろかったんだな~。んで観終わってもう一回最初から観ちゃった。
1、2話目がつまらない韓国ドラマのようだな。 中盤から一気に盛り上がる。

ギターが自分で歌うことにしたところから、好きな声だな~って思ってて、観終わって今度はギター役を調べたら、峯田和伸ってホンモノのバンドマンなのね。2003年解散のGOING STEADY、現在は銀杏BOYZのボーカル・ギター。
名前だけは聞いたことあるある。札幌にもライブ来てるはず。

うわ~! 銀杏BOYZ 『少年メリケンサック』 に出てる~(≧◇≦)
芋づる式に好きなものが関連しあってる~なんかうれしい~♪
佐藤浩市は好きだけど邦画はスクリーンじゃなくてもいいか~ 『マンマ・ミーア』 か 『ベンジャミン・バトン』 どっちかにしよって思ってたんだけど、やっぱ 『少年メリケンサック』 にしちゃおっかなあ~明日のレディースデイ。
[PR]

by nora426 | 2009-02-18 21:21 | 洋画・邦画