絵本の読み聞かせ

c0042941_0732.jpgc0042941_095290.jpgc0042941_010359.jpg

『まほうつかいのクリスマス』  森山京・作 佐野洋子・絵
人気者のサンタがうらやましい魔法使い。
魔法でサンタクロースに変身して街に出かけましたが・・・。


今年度最初で最後の読み聞かせ。仕事忙しかったから一回しか参加できなかった。高学年になるとやらないかもしれないから、もうこれが最後の読み聞かせだったのかもしれないな~。そう思うと淋しいですね(T_T)
もう自分の子供は大きいのに市内の読み聞かせサークルやってるお母さん達の気持ちがわかった気がする。読み聞かせはね、自分が楽しいの。子供の笑い声やキラキラした瞳にこっちが元気もらってる。

バイトから帰ったら、娘に「ママ上手だよねえ~!すっごくおもしろかったよ!」って褒めてもらいました。「他のお母さんたちは読むだけだけど、ママってみんなとよくしゃべるよね~!?」とも。
・・・あら、そうなの?(^◇^;)
でも準備不足で以前ほど子供達とコミュニケーション取れなくなってるんだよな~。上の子のときは持ってった絵本の中からクイズ出したり、アンケートタイム!とか色々やってたんだけど。
今回が最後かと思うと本当に名残惜しいなあ。

図書館で何冊かピックアップして、それぞれにおもしろいと思う本を選ばせると、きっぱりと好みが分かれておもしろいな~と思う。
下の子はストーリー重視、上は繰り返しや韻を踏んでるリズム重視。
私はどっちも好き。絵本は大人が読んでもおもしろいのだ。
[PR]

by nora426 | 2008-11-27 00:21 | BOOKS